焚き火って、やっぱり神秘的です

「燃~えろよ、燃えろ~よ、炎よ燃えろ~」って口ずさんでしまいました。(K高校OB・OGの焚き火部活動の様子です)

巻きあがる焚き火見ていると、大人も子供も自然と言葉はなくなり、ただただ炎を見つめてしまいます。

  

 「季節の味 さと」ご主人の小川さんが、直々に「炭火」ではなく「焚き火」焼き肉を調理してくれました。外はこんがり焼けて、中はロゼのジューシーな味わい。さすが小川大将、腕もってますな~

 

 

Follow me!

コメントを残す