Dogs are not our whole life,
but they make our lives whole.

犬は人生の全てではないけれど、人生を完全なものにしてくれる

Roger Caras ロジャー・カラス
米国の野生動物写真家
野生動物保護運動家 (1928~2001)

Epsode 1

とびっきりの笑顔
独り占め

とにかく人が好きで好きでたまらない。無邪気で優しくて甘え上手なゴルたちは、なでなでされて「いいこねー、かわいいねー」って言われることが大好き。自分を理解し受け入れてくれるってわかったから、わたしだけに精一杯の”幸せ顔”を見せてくれる。

Epsode 2

君の上目づかいに
僕は首ったけ

人の気持ちを理解する能力に長けているから、わたしの気分がすぐれないときは、ちょっと離れて伏せて、寂しいな~と目遣いの達犬。隣の部屋から顔をのぞかせ、ぺちゃんこになって、ひたすら上目づかいで「怒らないで」って。それはもう反則な程、かわいすぎます。

Epsode 3

休日は
森に出かけてソトあそび

君が来てくれて、いつしか我が家はソトあそびに夢中になった。家族それぞれ好みの遊び道具を乗せて、お気に入りの森の湖畔まで二時間ばかり車を走らせる。湖面に浮かべたカナディアン・カヌー、そろそろ漕ぎ手は子供たちに任せ、僕は君の隣でゆっくり珈琲を飲もう

Epsode 4

いつだって君は
僕のそばにいてくれる

僕と君との共通点は、寂しがり屋で繊細なところ。誰かが泣けば、そっと寄り添う。ただただ同じ空間、時間を共有してるだけなんだけど、ときどき僕たちはふと目を合わせる。たったそれだけで僕たちは十分わかり合える、最高の相棒なんだと。

Story

人と動物の絆

1970年代アメリカでは、人と動物が共に生活し、触れ合うなかで生まれる相互作用についての科学的な研究が盛んになった。こうしたアプローチは「人と動物の絆(=Human Animal Bond;HAB)」と呼ばれ、双方の幸福・福祉を模索する概念として確立された。

そもそも犬が人の伴侶となったのは、およそ2万年ほど前、オオカミの仲間の一つであった彼らが、人との共同生活の道を選んだ時にさかのぼる。以来彼らは際だって緊密な信頼関係を我々との間で築いてきたが、それはなぜなのか。犬には独特の能力があるからだ。

元来、オオカミの仲間は社会性が高い。だから子犬が社会に適応しようとする時期を人と共に暮らすことで、自然と人に寄り添って生きる習性を身につけていく。また彼らは、体や表情で多くのコミュニケーションを図ることができる。尻尾を横に振りながら頭と全身を低くし、耳を引いて頭にぴったりつけ、飼い主に擦り寄り、飼い主の手や顔、耳を舐めるなど、豊かな愛情表現を持ち合わせているのだ。さらに、彼らは人の意思を理解する能力に長けている。最近の研究では、人の視線で意味を感じ取る視覚認知能力において、犬はチンパンジーを超える能力があることが明らかとなった。

こうした犬の特殊な能力やコンパニオンアニマルとしての歴史を背景に、近年のHABの活動は、医療従事者が主導しリハビリテーションや精神障害、情緒障害などの治療に動物を参加させる医療行為としての動物介在療法(= Animal Assisted Therapy)や、ボランティアらのもとで動物を連れて老人福祉施設や児童福祉施設を訪問し、動物との触れ合いを通じて精神面・肉体面の健康向上や癒やし効果を期待するレクリエーションとしての動物介在活動(= Animal Assisted Activity)、子供の情緒発達に動物を活用する動物介在教育(= Animal Assisted Education)へと広がり、我々の健康で豊かな暮らしの支えとなっている。

Concept

私たちの想い

我が犬舎のレトリバーたちは、兵庫県のほぼ中央に位置する北播磨の長閑な田園風景広がる東条の湖畔、およそ400坪に及ぶなだらかな山中を自由奔放に駆け巡り、天真爛漫な毎日を暮らしている。

レトリバーの魅力を一言で表すなら、その「たまらない存在感」に尽きる。彼らの大きなカラダを抱きしめると、つぶさにその息づかいや鼓動がダイレクトに伝わってくる。彼らのひたむきな姿を通して、僕たちは「生きる」ということを改めて実感しているのだ。

彼らは人生の大切なパートナー。いつまでも私のそばで、元気に優しく笑っていてほしい。だから私は、名誉ある過去の「血筋」を守ることより、安心できる未来の「健康」を優先して考える。外観や気質の素晴らしさを受け継がせることは大切なことかもしれないけど、新しい命に運命的(遺伝的)な病を背負わせないことが何よりも大事だと思うから。

際立つ知性と上品さを持ちながら、それでいて彼らは無邪気に人に甘えたがる。人間が好きで好きでたまらないのだ。だから僕は四六時中どこへ行くのも一緒。そんな最高の相棒に惚れ込んで、とうとうレトリバー専門犬舎を創ることにした。

ROKKO BASE K9では、ひょうご・東条の豊かな自然を背景にヒトとイヌの共生をかなえるリトリート施設を目指します。レトリバー専門ブリーダーとして健康で健全な仔犬の作出に努めるともに、新たに仔犬を迎え入れられたご家族様が野趣あふれるレトリバーライフを愉しめるよう、犬連れアウトドアクラブ” ROKKO BASE K9 MEETS”を運営していきます。

Puppies

出産情報

メリッサ×ロコベのパピー

誕生日2020/02/11

Policy

私たちが守っていること

01欧米のブリーダーのように、シリアスなブリーディングを目指します。
  • 遺伝学や繁殖生理学に関する知識を有しない、素人の繁殖(バックヤードブリーダー)
  • 社会問題化している金銭目的の仔犬繁殖(パピーミル)
  • 伝性疾患のスクリーニングを受けていない両親犬による繁殖

について、明確に反対の立場を取っています。

02犬種のスタンダード・健全性を重視した交配をおこないます。
  • 近交弱性を抑制するため、親子・兄弟姉妹間の交配による繁殖(極近繁殖)は絶対におこないません。
  • 系統繁殖(line breeding)を原則とし、雑種強勢的な効果を目的とする異系繁殖(out breeding)を適宜取入れます。
  • 原則的に異種繁殖は致しません。
03犬の福祉を守るための繁殖制限をおこないます
  • 雌犬の生涯の繁殖回数は5回を上限とし、出産時に18ヶ月以下 、7歳以上となる繁殖はおこないません
  • 帝王切開を2回受けた雌犬は、以降繁殖に用いることを禁止します。
  • 雌犬の出産は、6ヶ月ごとに発情期があると仮定して1年間に1回のみとし、出産後の初めての発情の間は母体を休養させます。
    発情期が不定期の場合は、出産から出産まで少なくとも 10 ヶ月の間隔を開けることとします。
  • 牡犬は1歳以下の繁殖は禁止。8歳以降については、年度の健康診断の結果をもとに引退時期を決定します。
04繁殖犬の遺伝性疾患及び健康管理に関する取組みをおこないます
  • 股関形成不全:生後12ヵ月齢以降に、JAHD(特定非営利活動法人日本動物遺伝病ネットワーク)にて股関形成不全に関する
    検査及び評価を実施します。弊社繁殖犬は全頭、同遺伝性疾患の所見は認められないとの評価を得ております
  • 遺伝性疾患:ゴールデンレトリバー犬種特有の遺伝病に関わる5項目*1について全頭DNA検査を実施します。
    検査結果をもとに遺伝病を発症しない組合せにて、繁殖をおこなっています。
  • 犬ブルセラ症:人獣共通感染症の一つ。犬への感染では明瞭な病的症状が見られることは少ないため
    発見が遅くなることが多いです。
    弊舎では全頭ブルセラ症抗体検査を実施し、全て陰性であることを確認済みです。
  • 健康診断:繁殖犬は全頭、最低1年に1回のヘルスチェックを実施します。
    仔犬につきましても、全頭お引渡し前に健康診断を実施します。
  • 感染症予防接種、狂犬病予防接種
  • フィラリア予防薬服用、ノミダニ駆除薬服用

*1 ゴールデンレトリバー犬種特有の5つの遺伝性疾患
1.PRA 進行性網膜萎縮症<解析対象遺伝子 SLC4A3
2.PRA 進行性網膜萎縮症<解析対象遺伝子 TTC8
3.PRA 進行性網膜萎縮症<解析対象遺伝子 prcd
4.DM 変性性脊髄症
5.MDX X染色体連鎖筋ジストロフィー
最新の知見に基づき、変更する場合がございます。

Activities

”ROKKO BASE K9 MEETS”(犬連れアウトドアクラブ)

犬と飼い主が一緒になってアウトドアを楽しむ!それは大型犬を飼うことでしか味わえない醍醐味のひとつ。
だからROKKO BASE K9では、弊舎を巣立ったゴルたちとご家族様が親犬や同腹犬と一堂に会する「BBQ Meets」を始め、
大型犬の飼い主さんとの交流を図るアウトドア・イベントやツアーを開催します。
(イベント・ツアーの開催スケジュール及びエントリーはfacebookページからとなります。)

Dog SUP & Swim.
Dog SUP & Swim.清水東条湖立杭県立自然公園内に位置する東条湖。湖畔の小高い山にある弊舎のゴルたちは、春から秋まで散歩途中の水遊びが日課です。
Hiking with dogs
Hiking with dogs日本一の酒米「山田錦」の里として全国に名を馳せる東条。辺り一面が黄金色に染まる収穫の秋、ゴールデンと共に里山ウォーキングに出かけましょう。
BBQ Meets
BBQ Meets
(MEMBER’S ONLY)
弊舎を巣立ったチビゴルたちが、親犬や同腹犬・兄弟犬と再会するメモリアルイベント。湖畔の山道を散策した後はたっぷりBBQをお愉しみください。
Day campあこがれの犬連れキャンプ。でも知らないキャンプ場に出かけるのは勇気が必要というビギナー企画。テント設営とキャンプ飯中心のデイキャンプ。
Night camp
Night campキャンプの醍醐味は、焚き火を囲みながら満天の星空を見上げる夜。きっと子供たちもゴルたちも、炎の神秘にくぎ付けになることでしょう。